『JIAの目指す社会』

    ワークキャンプ()を通して、社会問題に取り組む。
    その過程で、「自分の大切な人が案外身近にいる」ことに気づく。 
    彼らが日常生活に戻り、身近な人から人間関係を変えていく。 
    そんな仲間を、国や国境を超えて増やしていく。 
    いつの日か、全ての人が身近な人を大切に仕合う社会が実現する。 

快復村を記録に残すプロジェクト-クラウドファンディングにご協力ください!

2017-02-24

JIAはここ数年、ハンセン病快復村の記録を書籍として残すプロジェクトを始めました。 このプロジェクトを継続的に実施するため、今、クラウドファンディングという方法で募金活動を行っています。

A Story of Hope

2015-08-15

アメリカの学生がつくった映像。ハンセン病快復村で村人(ハンセン病快復者)とキャンパー(学生ボランティア)の間に起こるちょっとした出来事をまとめたもの。村人への深い想いが感じられる作品。

寄り添う 文/許敏航

2017-03-01

連れ合い、それは共に過ごし、共に助け合う人たちの事だ。細蘇おじいちゃんと蔡おばあちゃんは互いに寄り添い合っている。彼らは互いの魂を与え合ったのかもしれない。時が過ぎる中、淡々と光る星のようなものかもしれない。

JIAをサポートする

詳しく見る

JIAのメルマガを購読

氏名:
メールアドレス:
購読

ニュースレター

詳しく見る